6月25日、スペシャルオリンピックス世界大会・アテネ開幕!

Posted on 6月 17, 2011 by


6月25日~7月4日、スペシャルオリンピック夏季大会がギリシャ・アテネで開催されます!
スペシャルオリンピックスには夏季大会、冬季大会の2種類があり、
それぞれ4年に1度の開催。

athens-logo

こちらは公式マスコットのアポロン。
公式サイトの説明では「太陽は楽観主義、幸運と栄光の象徴」とのこと。
apollon2011

アポロンが活躍するCMがありました。

スペシャルオリンピックスはwikipediaではこのように書かれています。

スペシャルオリンピックス (Special Olympics:SO) は、知的発達障害のある人の自立や社会参加を目的として、日常的なスポーツプログラムや、成果の発表の場としての競技会を提供する国際的なスポーツ組織。いつもどこかで活動しているということから、Special Olympics と複数形になっている。

なるほどなるほど、いつもどこかで活動しているのですね。
ちょっと普通のオリンピックとは違うようですね。
ではスペシャルオリンピックスの特徴はなんでしょうか。
スペシャルオリンピックス日本のサイトではこのように書かれていました。

[1] 継続的なトレーニングと成果の発表の場である競技会を提供
[2] ひとりひとりに合わせたプログラムを実施します
[3] 能力を充分に発揮できるようディビジョニングを行います
[4] 頑張った全てのアスリートを称え全員を表彰します
[5] ユニファイドスポーツ

ディビジョニングってなんでしょうか。
wikipediaを見てみましょう。

ディビジョニングはスペシャルオリンピックスの競技会で行われる組み分けである。これは性別・年齢・競技能力といったものを基準に組み分けを行い、最終的に競技能力が同程度の競技者同士が競い合うためのスペシャルオリンピックス独自のルールである。スペシャルオリンピックスの競技会では通常、予選での成績に応じて、個人競技では3名から8名のディビジョンに組み分けをし、各ディビジョン毎に決勝を行う。その為スペシャルオリンピックスでは、棄権ないし失格にならない限り、予選に参加した競技者全員が決勝に進むこととなる。つまりスペシャルオリンピックスの予選は、トップレベルのアスリートを選抜するものではない。

面白いルール。
人に優しい競技ですね。
続いてユニファイドスポーツRとはなんでしょうか。
コカ・コーラ社のサイトを見てみましょう。

ユニファイドスポーツRはSOアスリートと障害のない人がチームやペアで参加する、スペシャルオリンピックス独自の競技形式です。障害の有無に関わらず、共にスポーツに取り組むことで、インクルージョン社会の実現を目指します。

コカ・コーラ社は2010年のFIFAワールドカップ邃「で「スペシャルオリンピックス・ユニティカップ」の開催スポンサー。
「インクルージョン社会の実現」とは素晴らしいミッション、ビジョンですね。

さて、話しを戻しましょう。
夏季大会の公式競技は19あります(wikipedia)。

・水泳★
・陸上競技★
・バドミントン★
・バスケットボール
・Bocce
・ボウリング★
・サイクリング
・乗馬
・サッカー
・ゴルフ★
・体操★
・ローラースケート
・セーリング
・ソフトボール
・卓球★
・テニス★
・パワーリフティング
・バレーボール★
・柔道

もちろん我らが日本代表の選手団も75名が参加!
団長を有森裕子さんが務めています!
日本代表は上記★印の種目に出場します。
出場する選手やコーチの熱いメッセージは必見です!

アテネ大会の公式プロモーションビデオも観ると気持が熱くなります!
# なぜか33秒目から開始です。

Yahoo!Japan スペシャルオリンピックス特集2011」も必見です!
そして、明日14時から日本選手団の結団式!
なんとインターネットで生中継されます!

日本代表の皆さん!応援してます!
がんばれニッポン!!

ギリシャ
 



あわせて読みたい

  • アメリカ中部で最も強いハートの持ち主
  • ロン・ジョン・サーフチームに参加した選手
  • 2011年のスペシャルオリンピックスを目指す豪のダウン症青年
  • 人工股関節手術の12週間後に金メダルの快挙!
  • 銀行のビルのクライミングに挑戦!
  • ▲先頭へ