ダウン症とヨガ

Posted on 3月 18, 2011 by


筋肉のやわらかいダウン症のある人にとって、
ヨガはどうのような効用をもたらすのでしょうか。
こんな記事がありました。

理学的、精神的能力を刺激するヨガは、
ダウン症のある人に有効です。
多くのダウン症のある人にとって、
ヨガは、パートナーや自分ひとりで実践することができます。
また理学療法の一部に利用することができます。

ダウン症のある人へのヨガの効用は以下の通りです。

・中枢神経系を向上させる
・体の調子を整える
・強度を高める
・集中力や記憶の発達
・ホルモンのバランスを整える
・睡眠と起床のリズムを整える
・自制心の発達
・バランス感覚の改善
・自分やほかの人を尊重して意思決定することを学ぶ
・身体意識を高める
・安全で楽しい運動の提供
・自尊心の向上

親、教師、介護者はダウン症のある人がヨガのポーズで無理をしすぎないよう注意を払う必要があります。
ヨガを行うことで(ダウン症のある人の)やわらかい筋肉や靭帯をもっと柔軟にすることができます。
自分の(筋肉や靭帯の)限界を教えることで、怪我をさせないようにしましょう。
ガイドラインに従い、安全かつ慎重にヨガをさせましょう
また、ダウン症のある人の身体的な特徴(短い手足と小さな身長)に合わせ内容を変更する必要があるかもしれません。
ポーズごとに留意してください。

ニュースソース:Yoga for Down Syndrome

 



あわせて読みたい

  • eBayにダウン症のある子供モデル登場
  • ダウン症のある人へのヨガの効用
  • 未来のママへの答え
  • ダウン症のある子供における睡眠と学習能力の関係
  • 夢をかなえるために硬貨を集めよう!
  • ▲先頭へ