ダウン症のある人のバレエ団

Posted on 3月 2, 2011 by


スペイン・マドリードにあるバレエ団「Danza Down」。
メンバー全員がダウン症のある人で構成。
クラシックバレエや伝統的なスペイン舞踏を中心に演じています。

dancing-with-down-syndrome

「Danza Down」の演出家エリアス・ラフエンテは言います。
「(ダウン症のある人の)全員ダンスができます。
背の高さや見た目のきれいさに関係ありません。
地球が回転するように、みんなダンスができるのです。」
「私は彼ら(ダウン症のある人)を”心の障害”と呼びたくありません。
“違う才能も持った人々”と呼びたいのです。
彼らは他の人と違った表現をするだけです。
みんな古い考えは捨てるべきですね。
“Danza Down”を観れば、新しい感性に気づきますよ。
しかも、その感性はとても素晴らしいもの。
すべてが純粋な表現なのです。」

団員のジョセ・マリアは言います。
「僕たちはチームなんです。
互いに100%協力しあって、その結果がダンスに反映されます。」

演出家エリアスは言います。
「メンバーの何人かはジャンプすることが難しいですね。
そういうメンバーは転ぶことを恐れてるんですね。
しかし、舞台までにはみんな一生懸命ジャンプをして、とても美しいですよ。
ターンや、王子や王女の役になって頭を動かすことも実にきれいなんです。」

ニュースソース:Dancing with Down Syndrome

スペイン
 



あわせて読みたい

  • インドに住む7人のダウン症のある人のドキュメンタリー
  • 世界初!ダウン症のある人専門のモデル事務所
  • ダウン症のフラダンサー
  • ダンスで世界を変えようぜ from オーストラリア
  • 世界ダウン症の日2011
  • ▲先頭へ