3つの才能:画家、詩人、水泳選手

Posted on 2月 7, 2011 by


1949年、カナダのアルバータ州ハイリバーで誕生したジェーン・キャメロンは
その後の人生で世界を旅し、多くの政府高官や芸能人に会いました。
彼女の部屋はトロフィーやメダルであふれています。

ジェーンは生後4ヶ月でダウン症と診断。
医者からは「知能が遅れています。施設に預けて、この子のことは忘れたほうがいいでしょう」と言われ、
両親はショックを受けました。
しかし、ダウン症についての知識はなかったものの、
両親は最大の愛情をもって、娘を育てていくことを決意しました。

ジェーンは13歳になると、モントリオールの学校に通いはじめましたが、
「ダウン症者」にまともな学校教育を受けさせてはくれませんでした。
そのため、両親はマサチューセッツ州ランカスターにある国際的に有名なフランクリン・パーキンス博士の学校へ転校させることにしました。
ジェーンはその学校のワークショプへ10年間通った後、モントリオールのワークショップ “Le Fil d’Ariane”(アリアンの糸)へ通いはじめます。
そこで、すぐに彼女は才能を開花させることになるのです。
のちにワークショップを代表するデザイナーとなり、その作品は首相官邸やミラベル空港、雑誌の表紙などを飾りました。

ジェーンの芸術的才能は20歳になるまで認められませんでしたが、
現在では世界中に彼女のタペストリーが飾られています。

さらにジェーンは水泳選手としての顔ももちます。
スペシャルオリンピックスでは数々のメダルも獲得。
そのめざましい活躍は、スペシャルオリンピックスのドキュメンタリー映画でもとりあげられました。

また、ジェーンが書いた詩も評価されています。

「向日葵」

向日葵。
大きく口を開けて、とても幸せそう。
大きく笑って、元気がよくて、
とても愛らしい表情、大きな顔。
大きな目、大きな頬、
大きな鼻をもったフクロウのよう。

ニュースソース:Jane Cameron (Official)

カナダ
 



あわせて読みたい

  • わたしはダウン症の赤ちゃんではありません
  • 難聴のダウン症児、聴導犬を連れて学校へ!
  • アカデミー賞女優が受賞したもう一つの栄誉ある賞
  • ダウン症の情報アプリ(英語版)
  • 学校初日を笑顔で迎えた双子
  • ▲先頭へ