[ドキュメンタリー映画] リリィ:ダウン症者への継続的視点

Posted on 2月 8, 2011 by


アメリカ人女性リリィの30年を追いかけたドキュメンタリー映画の紹介です。
構成は1978年、1988年、1997年の3シリーズ。
興味深いので、ぜひ動画も観てください。

the-lily-series-a-longitudinal-view-of-life-with-down-syndrome

以下、Wikipediaからの引用です。

・1978年「リリィ:わたしと同じ女の子の物語」

リリィは小学校の3年生ですが、学校へは通わず自宅学習をしています。
この年代、多くの特別な支援を必要とした子供たちは公立学校に通いませんでした。
このシリーズではリリィが現実世界へ直面し、適応していく姿を収めています。

・1988年「リリィ:続編」

シリーズ2ではリリィの発達を視聴者は目の当たりにします。
20歳になった彼女は高校を卒業し、グループホームでの生活を始めるとともにレストランでの仕事も得ます。
彼女は非常に適用能力があることがわかります。

・1997年「30歳のリリィ」

最終シリーズでリリィは完全に自立した女性となっています。
彼女自身のアパートへ引っ越し、食品雑貨店で仕事をしています。
視聴者は彼女の日々の暮らし、また、どのように成長したかを見ることができます。

http://www.youtube.com/watch?v=jKplWaIJAZg
ミル・バレー, カリフォルニア
 



あわせて読みたい

  • 母と娘の絆を写真に収める
  • 友情からはじまったインクルージョン
  • 夢は叶う:ある女優の生き方
  • ダウン症への偏見こそが最大の障害
  • ダウン症の大学生
  • ▲先頭へ