1歳のエミリーとアート

Posted on 1月 14, 2011 by


s-emily-selwood

ダウン症であり白血病とも戦う13ヵ月のエミリーは絵を描くことが大好きです。
13ヶ月の間、エミリーは4回の手術に耐えました。

エミリーは4ヶ月もの間、急性白血病の治療を受けています。

2010年12月21日には、胸のチューブを交換。
チューブは薬を供給するために使われています。

エミリーの描く作品はオークションで1500ドルの値がつきました。
母のアンナは言います。
「娘の治療費を少しでも集めることができればと思い、娘の作品をオークションに出しました」
「娘に筆を渡すと、キャンバスへ自由に描きはじめます」

絵の1つは、クライストチャーチにある公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウスが購入しました。
病院で多くの時間を過ごすエミリーと家族はクライストチャーチで4ヶ月も過ごしています。

ニュースソース:
Sick toddler’s artworks raising hundreds(記事)
Sick toddler’s artworks raising hundreds(動画)
Emily’s art to be auctioned for charity

ニュージーランド
 



あわせて読みたい

  • キリマンジャロ登頂計画
  • セサミ・ストリートの中の多様性(ダイバーシティ)
  • ドキュメンタリー「モニカ&デイビット」がエミー賞2011にノミネート
  • 娘エミリーを有名にするプロジェクト
  • 恋愛エナジー(マデリーンの場合)
  • ▲先頭へ